ホーム » ヒゲ脱毛の前日は深剃りして痛みを軽減しよう

ヒゲ脱毛の前日は深剃りして痛みを軽減しよう

ヒゲ脱毛の前日に自己処理が必要になります。

 

床屋さんのような深剃りがしっかりとできている方が翌日の施術でも痛みを感じにくく、効果も実感しやすいといわれています。

 

自分で深剃りをする場合はどのような方法で行えばいいのでしょうか。

メンズ脱毛 シェーブ

まず、ヒゲを剃る前に「蒸しタオル」を用意します。

 

タオルを濡らしレンジで温めた後、適温になっているのかを確認して顔に蒸しタオルを当てます。

5分程度行なうとヒゲ周辺が柔らかくなるのを感じるはずです。

 

ヒゲが柔らかくなったらシェーピングフォームなどを使い、T字のカミソリで丁寧にヒゲを剃っていきます。

普段電動カミソリなどを使っている人はT字だと使いにくいと感じるかもしれませんが、刃物の部分が大きいのでより深剃りをすることができます。

 

 

ヒゲを剃るときはできるだけ毛の生えている方向に向かって密着させながら行います。

T字カミソリはこまめにあらい汚れがついていない刃でヒゲを処理するようにしましょう。

 

 

もちろんヒゲ剃り後のアフターケアも忘れないようにしてくださいね。

 

 

ヒゲ脱毛の前日はしっかりと処理をして翌日の施術に備えましょう。

 

また日頃からヒゲが濃いと悩んでいる人はこの方法だとより深剃りができるのでおすすめです。