ホーム » 日本人は無精髭が嫌いな人種?その理由は歴史にあった?

日本人は無精髭が嫌いな人種?その理由は歴史にあった?

日本ではマナーとしてヒゲを剃るのが当たり前と言われています。おしゃれヒゲが許されるのは一部の業種だけで、無精髭を生やしたまま会社に行こうものなら上司から呼び出されてしまう…なんてことも考えられます。

 

そもそもどうして日本ではヒゲを剃るのが当たり前の文化になっているのか、意外と知らない日本人とヒゲの関係を解説します。

ヒゲ剃り

■日本ではどうして無精髭が厳禁なのか?

海外では日本ほどヒゲを生やしている人に対して厳しいマナーはありません。なかにはおしゃれでヒゲを生やしている人もいれば、気を付けてはいるけど毎日は剃らない人もいます。日本ではどうして無精髭が嫌がられてしまうのかというと、まずひとつ目の理由として「似合わない顔立ち」であることも考えられます。

もしヒゲを生やしていても自然と調和するような顔立ちであればそこまで嫌がられることはなかったのかもしれません。また、彫りの浅い顔立ちをしているのでヒゲが生えていると悪目立ちしてしまいます。

 

日本人の多くはヒゲを伸ばしている=だらしないという文化なのもあり、外出時にヒゲを生やしたまま出る人は、自己管理のできていない人だと思われてしまうのです。仕事や冠婚葬祭など大切な場では、ヒゲを生やして參加するなんて考えられませんよね。

 

ただこれらの考え方は昔ほど無精髭が悪いとは言われなくなっています。会社によってはヒゲでもきちんと整えてあれば問題なしとしている会社もあります。まだまだ少数派ではありますが、ヒゲがあってもOKの会社もありますので少しずつヒゲへの考え方が変わってきているのかもしれませんね。

■もともとの顔立ちに合わせたヒゲの処理

男性のなかには顔立ちがもともと幼く童顔なのでヒゲが似合わない人もいます。童顔がコンプレックスになってしまい、逆にヒゲを生やし少しでも大人の男性に見せようとしてしまっている人もいます。

 

でも顔立ちが幼い童顔にヒゲは似合いません。ヒゲが薄い男性でも18歳頃からヒゲが生えてきてしまい、鏡を見るのが嫌になってしまう男性も…。

 

童顔の男性に無精ひげが生えていると不格好でかっこ悪く見えてしまうこともあります。童顔=実年齢よりも若くみえるのでヒゲがないイメージがあるんですよね。なかには中性的な顔立ちの人もいて、ヒゲが不格好になるんです。

 

男性でも顔立ちが濃い人であればヒゲが生えていてもおしゃれに見えるのですが、すべての男性に限ったことではありません。こういった自分の顔立ちにあわせてヒゲをどうするのかを考えるようにすると、あなたにあったヒゲとの付き合い方が見つかるはずですよ。

 

ヒゲが悪いものではないのですが、男性でも似合う・似合わないがあるので長期的に考えた上でお手入れをどうするのか考えるようにしてくださいね。

■ヒゲの処理は毎日のことだから面倒くさい…脱毛がおすすめ

男性のなかにはヒゲを剃る作業が毎日なのもあり、とにかく面倒くさいと思ってしまっている人もいると思います。

 

ちょっと放置しているだけであっという間にヒゲが生えてしまいますし、なかにはヒゲを剃ると肌荒れしてしまうなどひげ剃り事態がストレスになってしまうことも…

 

 

ヒゲが薄い人であれば2日・3日放置していても問題ないかもしれませんが、ヒゲがもともと濃い人になると朝剃っても夕方にはヒゲが生えてしまいます。

なかには飲んだ次の日に朝寝坊をしてしまい、無精髭が生えたまま出社したら白い目で見られてしまったなんて人もいるようです。

 

特に女性からは厳しい目で見られることが多いので、たかがヒゲだと思わずに絶対に忘れずお手入れしておきたいものです。

 

特に現代は清潔な男性が好まれる傾向にあるので、いつでもヒゲ負けしない美しい肌を印象付けるようにしてくださいね。また、毎日のひげ剃りの負担を少しでも減らしたいのであれば、ヒゲの脱毛をしてしまうのも一つの解決方法です。

 

 

男性のなかにはなんで毎日剃らなければいけないのか、不満を持っている人もいるのですが、ヒゲが生えないようにしてしまったほうが余計なストレスを感じなくなると思います。

 

見た目や肌への負担を減らせるなど、ヒゲ脱毛は様々なメリットが期待できるのです。ヒゲ脱毛が気になっている人は、一度カウンセリングだけでも訪れてみるといいかもしれません。

 

 

 

まとめ

男性にとってヒゲは当たり前のように生えてくるものです。日本ではおしゃれヒゲやデザインヒゲが少しずつ認知されつつありますが、それでも重要な場所では無精髭を生やしたまま參加するのはNGだと言われています。

 

毎日のお手入れが面倒であれば、ヒゲ脱毛をしてしまうのも一つの方法ですしあなたにとってストレスにならない方法を選ぶようにしましょう。また脱毛は夏に始めるものだと思われがちですが、紫外線の影響やヒゲの毛周期を考えると夏の終りから冬にかけて脱毛を始めるのがおすすめです。

 

ヒゲ脱毛であなたもツルツル肌を目指してみませんか?