メンズ脱毛専門店サロン【メンズ脱毛NAX】

【これで解決】アトピー肌・敏感肌でも脱毛はできる!
最適なメンズ脱毛方法をズバリ教えます

.jpg?fit=400%2C300&ssl=1 - アトピー肌・敏感肌でも脱毛はできる!最適なメンズ脱毛方法をズバリ教えます

男性は、毎日の身だしなみとしてひげ剃りを日課にしています。

しかしアトピー肌や敏感肌の男性も多いです。

 

この記事では、アトピー肌や敏感肌で毎日の辛いひげ剃りから少しでも解放されたいと考えている、メンズ脱毛サロンを検討しているあなたへ

アトピー肌・敏感肌でもできるメンズ脱毛方法をズバリ教えます。

 

お伝えする内容は

・アトピー肌・敏感肌でも脱毛はできる?できない?

・メンズ脱毛の方法は主に3種類

・アトピー肌・敏感肌には「光脱毛」をおすすめ

についてご紹介していきます。

 

ぜひ最後まで読んでいただき、今の悩みをスッキリさせてくださいね。

アトピー肌・敏感肌でも脱毛はできる?できない?

男性が毎日の日課としている「ひげ剃り」に関して、大きな悩みを抱えている方も多いかと思います。

 

アトピー肌・敏感肌の方には、毎日が苦痛でたまりませんよね。

 

ここからは、今回のお題である「アトピー肌・敏感肌でも脱毛はできるのか?」についてお伝えしていきますが、まず結論から言うとアトピー肌・敏感肌でも脱毛はできます。

 

ただし脱毛ができないケースもあり注意が必要なので、その点を詳しく解説したいと思います。

そもそもアトピー肌・敏感肌とは?

まず「アトピー肌」「敏感肌」という言葉を使いますが、そもそも「アトピー肌」「敏感肌」とはどのようなものなのでしょうか?

簡単にわかりやすく説明をしますね!

 

アトピー肌・敏感肌は、人の皮膚にある「バリア機能」が大きく関わっています。

 

バリア機能というのは、ホコリやウイルス、菌などの刺激物が体内へ侵入しないようにバリアを張って防いでくれる役割を担っています。

2 - アトピー肌・敏感肌でも脱毛はできる!最適なメンズ脱毛方法をズバリ教えます

またバリア機能は水分の蒸発を防ぐ役割もあります。いわゆる保湿ですね。

アトピー肌・敏感肌の人は、このバリア機能が弱まって外の刺激物に影響を受けやすくなっている状態のことを言います。

バリア機能が弱まると

  • 乾燥する
  • ヒリヒリする
  • しみる
  • 赤くなる
  • 痒くなる
  • 紫外線などの刺激に弱くなる

などの症状が現れます。

脱毛ができないケースもある

最初にお伝えしましたが、アトピー肌・敏感肌でも脱毛はできます。

ただしできないケースもあるので説明をしますね。

 

【脱毛ができないケースは2つ】

  • 痒みや湿疹などの症状が悪化している場合
  • 薬にステロイド剤を使っている場合

痒みや湿疹などの症状が悪化している場合

まず、痒みや湿疹などの症状が悪化している場合は脱毛ができません。

脱毛によって今の症状がさらに悪化する危険性があるので避けます。

 

どちらにしましても症状が悪化している場合は、皮膚科を受診して症状を抑えることが先決です。

 

その上で医師のアドバイスを受けてから脱毛の検討をしましょう。

薬にステロイド剤を使っている場合

肌トラブルを抱えている方の中には、薬を使っている人も多いかと思います。

しかし、薬の使用には注意が必要です。

 

ステロイド剤を肌に塗っている場合は、以下のようなリスクが高まるので脱毛はできません。

 

  • ヤケドの危険性
  • 脱毛効果が低下する
  • 感染症のリスク

 

ステロイド剤はアトピーの治療でよく使われます。

しかし副作用の1つに体毛が増毛することが挙げられています。

そのために脱毛効果が低下するリスクが高まります。

 

また脱毛時に照射した光に過剰反応しやすいのでヤケドや感染症のリスクも高まります。

このような理由からステロイド剤を使っている場合は、脱毛ができないのです。

 

どうしても脱毛をしたい場合は、医師に相談の上ステロイド剤の使用を一定期間中止することが必要になります。

メンズ脱毛の方法は主に3種類

これから脱毛を検討中であれば、メンズ脱毛の方法にはどのようなものがあるのか!知っておいた方が良いのでしっかりお伝えしますね。

 

主に3種類の脱毛方法があります。

 

  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛
  • 光(フラッシュ)脱毛

 

それぞれのメリット・デメリットについて説明をします。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療用のレーザーを皮膚に照射して毛を作る組織を破壊して毛を生えなくする脱毛方法です。

レーザー脱毛は医療行為にあたるため、サロンでの施術はできません。

医療機関や美容クリニックで医師や看護師の資格を持った人しか施術をすることができないのです。

 

【レーザー脱毛のメリット・デメリット】

メリット

デメリット

・脱毛効果が高い

・施術回数が通常で5〜6回で済む

・毛の量が多い人や剛毛の人でも効果を実感できる

・医療機器なので安全

・医師が行うのでアフターケアが万全

・強い痛みを感じやすい

・サロン脱毛に比べて料金が高い

・施術後の肌トラブルを起こしやすい

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、先が尖っていない電気針を使います。この電気針を毛穴一つ一つの中に入れて電流や高周波を流していきます。

 

電流や高周波を流すことで毛根を破壊して毛を生えなくする脱毛方法です。

【ニードル脱毛のメリット・デメリット】

メリット

デメリット

・脱毛効果が高い

・1回の施術でも効果がわかる

・施術回数が通常で3〜4回で済む

・白髪や産毛も脱毛できる

・1回の施術時間が50分程度

・タトゥーがあっても脱毛ができる

・強い痛みを感じやすい

・料金が高い

・毛を1本ずつ処理するので時間がかかる

・施術後の肌トラブルを起こしやすい

光(フラッシュ)脱毛

光(フラッシュ)脱毛は、光を皮膚に照射して毛根へダメージを与えて徐々に毛が生えにくくしていく脱毛方法です。

 

光(フラッシュ)脱毛は、3種類あります。

  1. IPL脱毛
  2. SSC脱毛
  3. SHR脱毛

簡単に特徴をまとめますね。

.jpg?fit=400%2C312&ssl=1 - アトピー肌・敏感肌でも脱毛はできる!最適なメンズ脱毛方法をズバリ教えます

IPL脱毛

「インテンスパルスライト」を略した名称です。

当てる光がメラニン色素に反応をするので、剛毛にも効果があります。施術の痛みが感じにくいので、アトピー肌・敏感肌の方に人気が高いです。

SSC脱毛

「スムーススキンコントロール」を略した名称です。

ジェルを皮膚に塗って光を照射するので産毛にも脱毛効果があります。また美肌効果も期待できます。

SHR脱毛

「スーパーヘアリムーバル」を略した名称です。

バルジ領域という毛包(毛を生むところ)へ光を照射するので、毛を生み出す細胞へ直接ダメージを与えることができ毛を生えにくくする脱毛方法です。比較的短い期間で脱毛効果を得られることができます。

【ニードル脱毛のメリット・デメリット】

メリット

デメリット

・痛みを感じにくい

・レーザー脱毛に比べて料金が安い

・気軽に通いやすいサロンが多い

・継続しやすい

・1回の施術で効果が得られにくい

・長い期間通い続ける必要がある

まとめ:アトピー肌・敏感肌には「光脱毛」がおすすめ

ここまでメンズ脱毛の方法を3種類説明してきました。

ではアトピー肌・敏感肌の男性には、どの脱毛方法がおすすめなのでしょうか?

 

ズバリ教えます。

それは「光(フラッシュ)脱毛」です!

 

最後に、なぜアトピー肌・敏感肌には「光脱毛」がおすすめなのか・・その理由を説明します。

 

【光脱毛をおすすめする7つの理由】

理由1:3種類の中でも最も痛みを感じにくいから

理由2:サロンは交通の便が良い場所にあることが多い

理由3:気軽に通えるので継続がしやすい

理由4:他の脱毛方法に比べて料金が安い

理由5:脱毛のプロに任せられる

理由6:カウンセリングがしっかりしたサロンが多い

理由7:アフターケアが万全なサロンが多い

 

このような理由からアトピー肌・敏感肌の男性には光脱毛をおすすめするのです。

 

脱毛のプロに任せて、今の悩みを解消してください。

 

なかにはレーザー脱毛を選択肢として挙げられる方もいます。

しかし今回は、あくまでも「アトピー肌」「敏感肌」の男性を対象に考えています。

 

レーザー脱毛は、光脱毛に比べて施術で感じる痛みが強いです。

またサロン脱毛に比べて料金も高いです。

 

ですからレーザー脱毛はアトピー肌・敏感肌には向いていません。

 

もう一度、今回の記事を読み返していただきあなたの悩みをスッキリさせていただければと思います。

 

それではまた有意義な情報を発信していくので楽しみにしていてください。