メンズ脱毛専門店サロン【メンズ脱毛NAX】

脱毛後の入浴は大丈夫?NGな理由と入浴時の注意ポイントをチェック

.jpg?fit=400%2C265&ssl=1 - 脱毛後の入浴は大丈夫?NGな理由と入浴時の注意ポイントをチェック

脱毛後の入浴は避けてください」と言われる理由をご存じでしょうか。

脱毛と入浴にはあまり関係がなさそうですが、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまわないよう、脱毛後の入浴は避けることがベストです。

 

なぜ脱毛後の入浴が禁止されているのかや、脱毛後の肌に負担をかけない入浴時のポイントをご紹介します。

脱毛後の入浴(湯船に浸かる)がNGな理由とは

脱毛後の入浴は禁止されていますが、体を洗うことがNGなわけではなく、湯船に浸かることをNGとしています。

 

なぜ脱毛後は湯船に浸かってはいけないのでしょうか?

理由を知ることで「脱毛後にお風呂に入るのは避けておこう」と注意できるようになりますよ。

感染症のリスクが高まる

脱毛後にお風呂に入ると感染症のリスクが高まります。

具体的には毛嚢炎になりやすくなり、赤くただれた発疹が表れます。

 

毛嚢炎になる原因は、水中に含まれている細菌が脱毛後の毛穴やキズから入り込み、感染することです。たとえ浴槽をきれいに洗ったとしても、見えない菌は存在しています。照射により肌のバリア機能が低下した状態では、細菌による感染も起こりやすいので注意しましょう。

 

毛嚢炎になってしまうと薬による治療が必要です。自然治癒で治そうと考えて放置したり、治るまでに時間がかかったりすると、色素沈着やシミなどの2次トラブルを引き起こしてしまいます。

 

毛嚢炎にならないよう、脱毛後に湯船に浸かることは避けてください。

肌が乾燥しやすくなりダメージを受ける

光脱毛の仕組みは、ムダ毛のメラニン色素に反応することにより毛根に熱ダメージを与えて脱毛を促進させます。

毛根に照射していますが、少なからず皮膚にもダメージを与えてしまうので、脱毛後の肌は外部刺激に敏感になり、肌トラブルを引き起こしやすい状態。

 

そのようなとき入浴すると、ただでさえ入浴後は乾燥しやすいのにも関わらず、さらに乾燥しやすい状況に陥ってしまい、ダメージを増幅させてしまう恐れがあります。

 

乾燥が進み肌の水分量が低下すると、ヒリヒリとした痛みも感じやすくなるので、不快感が続くこともあります。

かゆみや赤みの原因になる

湯船に浸かると全身の血の巡りがよくなり、健康的にいい状態になります。しかし脱毛後の肌にとっては、かえって逆効果になってしまうのです。

 

脱毛後の肌のバリア機能が低下した部分には、血流がよくなること自体が刺激となり、かゆみを引き起こします。

 

日焼けによる紫外線ダメージを受けた後の入浴を避けるように言われている理由も、血流がよくなることがかえって刺激を与える原因になるからです。

 

脱毛後の肌は敏感であり、肌トラブルを引き起こしやすい状態。湯船に浸かって乾燥を引き起こし、かゆみに発展させないよう湯船に浸かることを控えましょう。

脱毛後の入浴時に注意したい5つのポイント

湯船に浸かる以外での入浴時の注意ポイントをご紹介します。

 

いつものシャワーの浴び方は、脱毛後の肌にとっては負担になっているかもしれません。

.jpg?fit=400%2C266&ssl=1 - 脱毛後の入浴は大丈夫?NGな理由と入浴時の注意ポイントをチェック

冷たい~ぬるま湯のシャワーを浴びる

サッとシャワーをして、軽く汗や汚れを洗い流す程度で済ませることがベストです。

特に脱毛部位はシャワーの刺激にも反応するので、念入りに洗い流す必要はありません。

 

温度は38度以下のぬるめ~冷たい程度がちょうどいいです。

熱いお湯のシャワーを浴びると、肌の表面温度が上がり、湯船に浸かっている状態と同じになってしまいます。

入浴後の水分の蒸発をできるだけ防げるよう、ぬるめ~冷たい温度に調節してください。

 

また可能であればシャワーの水圧を調整し、肌に当てても痛くない程度に弱めることをおすすめします。

.jpg?fit=400%2C267&ssl=1 - 脱毛後の入浴は大丈夫?NGな理由と入浴時の注意ポイントをチェック

ヒゲ脱毛の場合、洗顔はOK

湯船に入るのがNGと聞くと、洗顔を避けてしまう方もいますが、ヒゲ脱毛後の洗顔はOKです。しかし、手でゴシゴシと擦るような洗顔方法は、直接刺激を与えてしまうので注意しましょう。

 

洗顔のポイントは、洗顔フォームをしっかり泡立てて弾力のある泡を作り、指の腹をなるべく肌に触れないよう、泡をクルクルと転がすことです。これにより摩擦をできるだけ抑え、低刺激で洗顔ができます。

 

熱さによる刺激を与えないよう、洗顔でもぬるめ~冷たいくらいの水温に調節してください。

脱毛部位をゴシゴシとこすりすぎない

いつもの感覚で体を洗うと、ボディタオルを使って思わずゴシゴシと擦ってしまいがち。これでは入浴後、痛みやかゆみを引き起こしてしまう恐れがあります。

特にザラザラとした使い心地のボディタオルを使っている方は注意しましょう。

 

先ほど「ヒゲ脱毛の場合、洗顔はOK」の見出しでもご紹介した洗顔方法と同じように、しっかりと泡立てたボディタオルを使って、優しく洗い流すことが大切です。

 

一番安全な方法は、ボディタオルを使わずに手で撫でるように洗い流すこと。

汗の汚れは、手でも十分に洗えます。ニオイが気になる部分はボディソープで洗い、しばらく放置した後に洗い流すと、嫌なニオイも気にならなくなりますよ。

汚れを上から下に落とす

脱毛部位にボディソープや汚れが残らないよう、洗う順番もポイントです。頭から足にかけて順に洗うことをおすすめします。

 

シャンプーの後にリンスをして体を洗い、流すときも頭から順に洗い流すことで、シャンプーやリンスが体に付着することを防ぎます。

 

洗い残しがあると、赤くただれたような発疹や膿をもつ発疹が表れる毛嚢炎になる可能性もあるので、頭から順に洗い終えることを意識してください。

アフターケアをしっかりと行う

洗顔後のスキンケアと同じように、脱毛部分のアフターケアも大切です。アフターケアは、乾燥しやすい脱毛部位に水分を与えて、しっかり保湿をする目的があります。

 

これにより乾燥を防ぎ、低下したバリア機能の回復や肌トラブルを防ぐことにつながるのです。

 

すでにスキンケアアイテムを持っている方は、避けるべき成分・効果であるメンソールやピーリング効果が含まれていないかを確認した後、脱毛部位にぬりましょう。

【Q&A】脱毛後の入浴に関する気になる疑問を解消!

脱毛後の入浴に関する疑問について、Q&A形式でご紹介します。

.jpg?fit=400%2C225&ssl=1 - 脱毛後の入浴は大丈夫?NGな理由と入浴時の注意ポイントをチェック

Q.湯船に浸かるのはいつからOK?

基本的には、脱毛を受けた次の日から湯船に浸かってOKです。

 

しかし施術後の肌状態が悪い、すでに炎症や赤み、痛みなどの肌トラブルが起こっている場合は、2~3日シャワーを続けて様子を見てください。

Q.光脱毛なら入浴してもいい?

サロンで行う光脱毛はレーザー脱毛に比べて出力を弱めているので、痛みを引き起こしにくい施術方法です。

 

そのため「光脱毛なら入浴しても大丈夫!」と思われがちですが、光脱毛でも少なからず皮膚にダメージがあるので、入浴を避けることがベストです。

Q.ヒゲ脱毛は直接浸かるわけではないから入浴してもいい?

ヒゲ脱毛の場合、入浴したとしても脱毛部位に直接お湯が触れるわけではないので、一見大丈夫のように思えます。

 

しかし体が温められることで顔周りの血の巡りもよくなることから肌への刺激になるので、ヒゲ脱毛であってもお風呂はNGです。

脱毛後の入浴(湯船に浸かる)は避けた方がいい!

脱毛後の入浴について、禁止されている理由や入浴時に心がけたい5つのポイントをご紹介しました。

 

特に寒い時期はついお風呂に入りたくなりますが、グッと我慢することで脱毛による肌の負担を抑えることができます。

 

間違えて湯船に浸からないよう、脱毛直後は注意してください。