メンズ脱毛専門店サロン【メンズ脱毛NAX】

サロン脱毛をするなら薬の服用はNG!
「知らなかった」では危険なリスクとは

.jpg?fit=400%2C267&ssl=1 - サロン脱毛をするなら薬の服用はNG!「知らなかった」では危険なリスクとは

初めてサロン脱毛を行う場合は、問診票やカウンセリングにて薬の服用を聞かれることが必須です。

 

このとき「薬を飲んでるって言うと脱毛できないって聞いたから隠しておこう」としてしまうと、後々取り返しのつかないトラブルに発展してしまうリスクがあります。

 

肌トラブルや最悪命に関わることが起こらないよう、脱毛と薬の関係性やなぜ薬の服用がNGなのかについて知っておきましょう。

脱毛サロンに通う場合に薬を飲んではいけない理由

脱毛サロンに通う場合、薬の服用は基本的にNGです。

なぜサロンやクリニックでの脱毛期間中は、薬の服用がNGなのかについてご紹介します。

光線過敏症を引き起こす可能性がある

光線過敏症とは、肌に太陽光があたると赤みや炎症、かゆみ、発疹ができる症状であり、一般的に日光アレルギーとも呼ばれます。

 

脱毛機器には紫外線が含まれていませんが、薬の副作用として光線過敏症の症状が表れる場合があり、脱毛できなくなることも。

 

・抗不安薬

・抗生物質

・経口抗真菌薬

・糖尿病治療薬

・血圧降下薬

・解熱消炎鎮痛薬

 

これらの薬を服用した状態で施術をうけると、光線過敏症になってしまう可能性があります。

 

上記の薬以外の飲み薬や貼り薬、サプリメントなどでも症状が表れることがあるので、定期的に服用している方は、担当医と相談をして脱毛できるかどうか判断してください。

肌トラブルに発展する

薬によっては、光に反応して皮膚炎を引き起こす場合もあります。

皮膚炎を起こす可能性がある主な薬は以下の通りです。

 

・風邪薬

・テトラサイクリン系抗生剤

・キノロン系抗菌薬

・抗がん剤

・抗ヒスタミン剤

・抗不安薬

・三環系抗鬱剤

 

これらの薬を服用中は、いつもの状態と比べて光による外部刺激に対して肌がデリケートになっています。場合によっては皮膚が赤くなったり、ただれたりする場合もあるほどです。

薬以外の理由によりサロン脱毛ができない人とは

薬を服用している以外にもサロン脱毛ができない場合があります。

知らないうちに施術を受けてトラブルになってしまわないよう、あらかじめ確認しておきましょう。

内臓系疾患や光アレルギー・過敏症などの持病がある

内臓系疾患や光アレルギー・過敏症などの何かしらの持病がある方は、初めのカウンセリング時に包み隠さず伝える必要があります。

その際、サロン脱毛では持病が原因で脱毛を断られてしまうことがありますが、持病そのものが原因ではありません。

 

サロン脱毛はドクターのいないエステサロンなどで行う美容脱毛なので、診察や医療的な判断ができず、持病によるリスクを抱えきれないことから、お断りに至ってしまいます。

 

持病のある方でも問題なく施術を受けるには、クリニックなどの医療機関で行う医療脱毛を受けましょう。問題ないと判断された場合は、持病のある方でも脱毛できますよ。

日焼けにより肌が黒い

日焼けによってメラニン色素が沈着し色が濃くなった肌は、レーザー機器や光機器の照射に過剰に反応し、効力を分散させてしまいます。

 

脱毛効果が薄れるだけではなく、必要以上に肌への負担がかかってしまうので、日焼けをしている方は基本的に脱毛NGです。

 

日焼けしている肌とは、紫外線ダメージにより炎症を起こしているということ。

場合によっては、元の肌色に戻るまで施術を断られることもあるので、脱毛開始前はもちろん、脱毛中も日焼けしないように対策をしておきましょう。

.jpg?fit=400%2C347&ssl=1 - サロン脱毛をするなら薬の服用はNG!「知らなかった」では危険なリスクとは

タトゥー・ほくろ・シミなどがある

小さなタトゥーやほくろ、シミがある場合は、脱毛専用のシールを上から被せることでその部分だけを避けて脱毛することができます。

 

タトゥーやほくろなどに照射できない理由は、日焼けと同じメラニン色素に反応してしまうからです。

もし大きなタトゥーやほくろがある方は、施術を断られる可能性もありますが、光脱毛のなかでもSHR脱毛であれば施術を受けられます。

 

SHR脱毛は弱い光を当てて脱毛を進めるので、シミやほくろの上からでも問題なく照射できますよ。

日焼けにも対応しているので、気になる部分がある方はSHR脱毛を行っているサロンを探してください。

脱毛当日の健康状態が優れない

薬の服用に関係なく、脱毛当日の健康状態が優れない方は施術できない可能性が高いです。

体調が優れないということは、体の免疫力が低下している証拠であり、いつもと比べて痛みや肌トラブルを起こしやすいデリケートな状態といえます。

 

皮膚炎や色素沈着などの肌トラブルを招いてしまう可能性が高いので、当日の健康状態がよくないときは、無理せず別の日程を組み直しましょう。

サロン脱毛と薬の服用に関するQ&A

サロン脱毛と薬の服用に関する疑問について、気になるポイントをQ&A形式でご紹介します。いざ脱毛をしようとしたときに、薬の服用が原因で施術を受けられないことがないよう、あらかじめチェックしてください。

.jpg?fit=400%2C267&ssl=1 - サロン脱毛をするなら薬の服用はNG!「知らなかった」では危険なリスクとは

脱毛サロンに通う際のNGな薬は?

この記事の初めにご紹介した光線過敏症を引き起こしやすい薬と、肌トラブルを引き起こしやすい薬のほかに注意してほしい薬があります。

 

花粉症の方が飲んでいる、抗ヒスタミン薬や抗アセチルコリン薬、ステロイド系の薬です。これらは市販薬として販売されていない薬であり、花粉症のなかでも重度の方に処方されます。

 

花粉が気になる時期に脱毛を受ける、花粉症対策の薬を服用している方は、あらかじめ伝えるようにしましょう。

常用していない場合は、施術前の数日間ストップすることで受けられるサロンもあります。カウンセリングに確認してください。

 

そのほか漢方薬やサプリメントもNGな可能性があります。薬ではないけど飲んでいるものがあれば、包み隠さずしっかりと伝えましょう。

前日や当日に飲まなければOK?

薬の服用を前日と当日に控えるだけで脱毛できるわけではありません。その理由は2つあります。

 

・薬の持続時間による問題

・常備薬の効果による問題

 

まず1つ目は、薬の持続時間による問題です。薬の成分は昨日今日で体内からなくなるわけではなく、長い場合は数週間体の中に成分が留まるものもあります。

そのため、一時的に中断したからといって薬の副作用がまったく起こらないわけではないのです。

 

2つ目の常備薬の効果について。抗生物質や向精神薬は、症状が治まった後でも飲み切る・継続して服用することで効果が安定する薬です。

脱毛に影響するからといって自己判断で薬をやめてしまうと、薬の効果が得られなくなり、最悪の場合、命に関わることも起こりえます。

 

薬を服用している方は、担当医と相談するかドクターの判断を受けられる医療脱毛を選びましょう。

間違えて当日に薬を飲んでしまった場合は?

間違えて施術当日に薬を飲んでしまった場合は、気づいた時点ですぐにサロンへ電話をしてください。状況を説明し、施術を受けられるかどうかを確認します。

 

サロンの場合ドクターがいないので、万が一のことが起こらないよう基本的に施術NGとなります。しかし薬の種類や量、サロンの方針によっては脱毛OKの場合もあるので、電話で確認をとることが大切です。

まとめ

脱毛と薬の関係やリスクについてご紹介しました。

一見飲んでいる薬と外部刺激である脱毛には関係性がないように思えますが、脱毛時に薬を服用していると、肌トラブルや常備薬の効力がなくなってしまうなどのトラブルに発展してしまいます。

 

薬を飲んでいる方は必ず注意事項やリスクを知っておき、トラブルを防げるようにしておきましょう。