メンズ脱毛専門店サロン【メンズ脱毛NAX】

メンズ脱毛後に行うべきケア|肌の保湿方法・脱毛後のNG行為も

.jpg?fit=600%2C400&ssl=1 - メンズ脱毛後に行うべきケア|肌の保湿方法・脱毛後のNG行為も

近年は、男性の身だしなみとしてムダ毛処理が浸透しており、メンズ脱毛サロンで脱毛の施術を受ける男性が増えています。

 

脱毛の施術を受けていれば、放置していても脱毛部位が綺麗になると考えている人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、メンズ脱毛の施術後は適切に肌をケアしないと、脱毛部位が肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

メンズ脱毛後に行うべきケア

脱毛の施術では、レーザーや光を照射することで照射部位の脱毛を促します。

機器から照射されるレーザーや光は肌にダメージを与えるため、脱毛の施術後は肌のケアが必要です。メンズ脱毛後に行うべきケアとしては、以下の3つが挙げられます。

●施術部位付近の日焼けを避ける

脱毛後の肌は刺激に敏感であり、施術部位になるべく刺激を与えないようにしなければなりません。

とくに日光は強い刺激となるため、施術部位周辺が日焼けしないよう、長袖を着用したり日焼け止めを塗ったりしましょう。

 

ただし、紫外線吸収剤入りの日焼け止めは肌に刺激を与えます。紫外線散乱剤入りの日焼け止めを使用するようにしてください。

 

●肌に赤み・ほてり・かゆみが出たときは冷やす

脱毛直後は肌に熱がこもっているため、肌に赤み・ほてりや乾燥によるかゆみが出ることもあります。

 

自宅に帰ってからも肌の赤みやかゆみが引かない場合は、症状が出ている部位を冷水や冷たいタオルで冷やしましょう。

 

●肌を保湿する

脱毛直後の肌は乾燥している状態であり、放っておくと毛嚢炎やかぶれなどの原因となってしまいます。

脱毛部位が肌トラブルを起こすと、次回の施術が行えなくなるため、脱毛後は化粧水や乳液を使って肌の保湿を心がけてください。

メンズ脱毛後の肌の保湿方法

.jpg?fit=600%2C400&ssl=1 - メンズ脱毛後に行うべきケア|肌の保湿方法・脱毛後のNG行為も

メンズ脱毛で人気の部位であるヒゲ脱毛を例に、肌の保湿方法を紹介します。

 

(1)洗顔で皮脂や汚れを落とす

ぬるめの水で洗顔し、顔の皮脂や汚れを落とします。脱毛後の肌は敏感であるため、熱いお湯を使ったり、肌をこすったりすることは避けてください。

(2)化粧水をフェイスラインから顔全体へとなじませる

化粧水を手に取って伸ばし、頬から顎にかけてのフェイスラインになじませます。洗顔後は顔全体の皮脂が落ちているため、額や鼻筋にも化粧水をなじませましょう。

(3)化粧水を乾燥している部位に重ね付けする

ヒゲ脱毛を行った頬やあごは、とくに乾燥しがちな部位です。施術部位には化粧水を重ね付けして、乾燥を防いでください。

(4)保湿クリームをなじませる

保湿クリームを手に取って伸ばし、顔の内側から外側へとなじませます。乾燥している部位には重ね付けをしてください。

ヒゲ以外の部位を脱毛した場合も、保湿の流れやポイントは基本的に同じです。

施術部位を清潔にして化粧水をなじませ、保湿クリームで肌を保護しましょう。

保湿クリームを選ぶ際にチェックすべき成分

保湿クリームを選ぶ際におすすめの成分と、注意すべき成分は、以下のとおりです。

 

●おすすめの成分

・アミノ酸

・スクワラン

・セラミド

・ヒアルロン酸Na

・加水分解コラーゲン

・グリセリン

脱毛後の肌は乾燥しているだけでなくダメージも受けているため、肌のバリア機能を補う成分と保湿成分が含まれた基礎化粧品を中心に選びましょう。

 

アミノ酸・スクワラン・セラミドは、肌のバリア機能を補う成分です。保湿成分としては、保水力が高いヒアルロン酸Naや加水分解コラーゲン、グリセリンがよく知られています。

 

●注意すべき成分

・オーガニック成分

・鉱物油

・アルコール

・香料

オーガニック成分とは一般的に有機栽培された植物由来の成分を指しますが、オーガニックの定義はメーカー・ブランドによって異なります。オーガニック成分配合の保湿クリームには乾燥肌・敏感肌用の商品が多いものの、オーガニックであれば肌に優しいとは限らない点に注意してください。

 

また、鉱物油・アルコール・香料は肌に刺激を与える可能性があるため、脱毛後に使用する保湿クリームには適していません。保湿クリームの使用前に、二の腕部分の皮膚でパッチテストを行い、かぶれやかゆみが出ないことを確認しておきましょう。

メンズ脱毛後に避けるべきこと

脱毛後は肌のケアを行う以外に、避けるべき行為もあります。メンズ脱毛で施術を受けた後は、以下の行為をしないように注意してください。

 

  • 体温上昇を伴う行為

脱毛後の肌は熱がこもっている状態であるため、体温上昇を伴う行為は避けましょう。具体的に避けるべき行為は以下のとおりです。

・湯船での入浴

・サウナ

・日光浴

・激しい運動

・アルコール摂取

体温上昇を伴う行為をしたいときは、脱毛から12時間以上の時間をあけて、肌に異常がないことを確かめてからにしましょう。

 

  • 薬の服用

薬の成分によっては肌に刺激を与えたり、思わぬ副作用があらわれたりする可能性があります。日常的に服用している薬がある場合は、脱毛前に主治医やメンズ脱毛のスタッフに相談して、脱毛前や後に服用できるかを確認しましょう。

 

  • 予防接種

脱毛後に予防接種を受けると、施術部位に赤み・かゆみなどの症状が出ることもあるため、なるべく予防接種は避けてください。ほとんどの脱毛サロンやクリニックでは、脱毛施術前後の10日間は予防接種を禁止しています。

 

  • ムダ毛の自己処理

ムダ毛の自己処理にカミソリ・除毛クリーム・毛抜き・ワックスシートを用いることは、脱毛後の肌に強い負担をかけるため避けてください。とくに毛抜きやワックスシートで成長期・退行期の毛を引き抜くと、施術部位の毛周期に影響が出て、脱毛効果が薄くなることもあります。

脱毛後にムダ毛を処理したいときは?

脱毛後に施術部位のムダ毛を処理したいときは、電気シェーバーを使用しましょう。

電気シェーバーは振動・回転する刃に肌が直接触れないため、肌にかかる負担を抑えてムダ毛を処理できます。

 

電気シェーバーでムダ毛を処理するタイミングは入浴後がおすすめです。入浴後は肌が清潔な状態であり、適度な湿り気も帯びています。シェービングの前後には保湿クリーム・ジェルも塗り、肌への負担を徹底的に抑えましょう。

 

電気シェーバーを毛先の流れる方向に向かって動かし、順剃りにすることが、正しいムダ毛の処理方法です。

毛の流れとは逆向きに剃っていく逆剃りは、毛を引っ張ることで肌トラブルを起こす可能性があります。

肌へのダメージを抑えた脱毛なら「光脱毛」がおすすめ

メンズ脱毛で肌にかかるダメージを抑えたい場合は、施術時のダメージが少ない「光脱毛」がおすすめです。

 

メンズ脱毛を提供するお店には、医療機関であるクリニックと、エステサロンである脱毛サロンの2種類があります。

 

光脱毛は脱毛サロンで提供される脱毛方法であり、出力の低い光で発毛組織にダメージを与えて減毛・抑毛することが特徴です。一方の脱毛クリニックでは、高出力の医療レーザーで発毛組織を破壊するレーザー脱毛を行います。

 

光脱毛とレーザー脱毛を比べると、一般的に光脱毛のほうが肌へのダメージが少ないと言われており、脱毛後のケアも難しくありません。光脱毛は施術中の痛みも少ないため、痛みが苦手な男性も受けやすくなっています。

 

NAXは、光脱毛を受けられるメンズ脱毛サロンです。メンズ脱毛は1部位から全身脱毛まで対応しており、毎月一定額で脱毛施術を受けられる定額制プランもご用意しています。

まとめ

メンズ脱毛後の肌はダメージを受けているため、肌のケアを必ず行ってください。

 

基本的には、施術部位の日焼けを避けて、肌に赤み・ほてりが出たときは冷やします。また、肌の乾燥を防ぐために、正しい方法で保湿しましょう。肌のケアに使用する保湿クリームは、アミノ酸・スクワラン・セラミドや保湿成分入りの商品がおすすめです。鉱物油・アルコール・香料など、肌に刺激を与える成分は避けてください。脱毛後は、NG行為である体温上昇を伴う行為や薬の服用、予防接種、ムダ毛の自己処理にも注意が必要です。

 

肌へのダメージを抑えて脱毛したい場合は、光脱毛を受けられるメンズ脱毛サロンのNAXをぜひご利用ください。