メンズ脱毛専門店サロン【メンズ脱毛NAX】

埋没毛(埋もれ毛)について

埋没毛 - 埋没毛(埋もれ毛)について

みなさまは埋没毛、または埋もれ毛と呼ばれる毛についてご存知でしょうか。

埋没毛はその名の通り、皮膚の内側に埋もれてしまった毛を指す言葉です。

 

埋没毛ができている場所の皮膚は、埋もれている毛が透けることで黒ずんで見えてしまうことがデメリットだといえるでしょう。

また、埋没毛の抱えている問題は見た目だけではありません。

 

例えば、皮膚そのものに色素沈着が起きてしまったり、細菌感染から毛嚢炎という炎症を起こしてしまったりすることもあります。

埋没毛は誰、にでも生じる可能性のある肌トラブルであるため、悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そんな埋没毛に関するさまざまな知識と、対処法などの情報をお届けさせていただきます。

iStock 1327763337 - 埋没毛(埋もれ毛)について

埋没毛の原因

埋没毛ができる原因をチェックしてみましょう。

その原因は複数の要因に分かれていますが、最初の原因となりやすいのは自己流で行ったムダ毛処理です。

ムダ毛処理は、肌のケアのために行うものですが、自己処理をすると肌に大きな負担がかかってしまいます。

 

カミソリは、ムダ毛処理の際に使用する方が多いですが、カミソリは毛だけでなく皮膚の表層や角質を削ぎ落してしまっていることがほとんどです。

カミソリ負けをして肌が赤くなることがあり、カミソリ負けをしていなくてもそれに近いダメージが肌に刻まれてしまっていることがあります。

 

また、シェーバーを用いた処理はカミソリよりも肌への負担が軽いですが、それでも肌にダメージが無いわけではありません。

毛抜きを利用した処理でも、毛を引き抜く際に周辺の皮膚が一緒に剥がれてしまう場合があり、肌に大きなダメージを与えてしまいます。

 

他にも、脱毛ワックス、テープ、除毛クリームなどを用いた処理でも、それぞれ肌に負担がかかってしまうことが多いです。

肌に負担がかかることで、自己処理後の肌は通常時よりも水分が失われて、乾燥してしまいます。

 

この乾燥は、埋没毛を引き起こすもう1つの大きな原因です。

乾燥してしまった肌は、それ以上のダメージを負うのを防ぐために、角質のターンオーバーの周期を遅らせることで皮膚の厚みを増していこうとします。

 

すると、厚みを増した角質の層が毛穴を塞いでしまい、古くなった毛が角質の下の層に残ってしまうことで、埋没毛が生まれてしまうのです。

背景3 1 - 埋没毛(埋もれ毛)について

人気の施術部位

メンズ脱毛では、どんな部位の脱毛が人気なのかを見てみましょう。

男性が処理したい毛として常に高い施術人気があるのは、最も見られやすく、毎日のように処理が求められるヒゲです。

 

あごと鼻の下に生えたヒゲの施術を希望する方がとても多く、メンズ脱毛における最重要部位と言っても過言ではありません。

日本人の顔は彫りが浅く童顔な傾向があるため、ヒゲが似合わない人が多いとされています。

そのため、ヒゲをファッションとして取り入れることも難しく、場合によっては清潔感がないという印象を持たれてしまいがちです。

 

外見を清潔に保るためには、こまめにヒゲを剃る必要があります。

しかし、ヒゲを剃る時にカミソリを使うとカミソリ負けなどで肌を傷めてしまいやすく、電気シェーバーはいくらか負担が軽減されるものの、それでも肌には優しくありません。

また、体質によってはすぐに青ヒゲのようになってしまう方もいるなど、ヒゲの処理は世の男性にとって普遍的な悩みの種となっています。

 

そんなヒゲも、サロンなどで永久脱毛を受ければ二度と生えてこないようにすることが可能です。

生えてこなくなることはリスクでもあるとご紹介しましたが、施術後にヒゲの処理から解放されることに快適さを覚える方は非常に多いようです。

他にも、人から見られやすく清潔でない印象を持たれやすい腕毛や脚の毛などが人気の施術部位となっています。

必見!安心して通って頂くための脱毛の注意事項

埋没毛は自己処理できる?

埋没毛の原因を知ったところで気になるのは、埋没毛は自己処理できるのかという点ではないでしょうか。

埋没毛は、肌に黒い点があるかのように見えてしまい、人に見られるのはもちろん、自分自身もいやな気分を感じるでしょう。

 

「できるのであれば自分ですぐに処理してしまいたい」と考える方が多いのではないかと思います。

しかし、埋没毛を自己処理することは大変難しいといえるでしょう。

 

まだ浅い層に留まっている埋没毛の場合は、徹底的な保湿で硬くなってしまった角質の層をほぐして適切なターンオーバーを促すことで、自然と消えてくれる可能性があります。

ですが、完全に埋もれてしまった埋没毛は、自分で処理することが非常に困難です。

 

また、爪やピンセットを使って毛を押し出そうとすると、埋没毛は出てこないうえに、肌を傷付けてしまったということになりかねません。

 

さらに悪くすると炎症を起こしてしまった、肌に痕を残してしまったということも考えられますので、無理な自己処理は必ず避けるようにしましょう。

埋没毛ができてしまった場合の対処法

既にできてしまった埋没毛について、どう対処すれば良いのでしょうか。

埋没毛の処理におすすめなのは、メンズ脱毛などを得意とする皮膚科医のいるクリニックへ行き、医療レーザーによる脱毛処理を受けるという方法です。

 

医療レーザーは医療機関専門の機器であり、エステサロンなどでは受けられない施術となっています。

医療レーザーによる脱毛は、毛の根本へとダメージを与えるため、皮膚に埋もれてしまっている埋没毛に関しても、一定の効果を期待することができるのです。

 

レーザーによる脱毛は、毛を根本的に生えなくすることができるため、しつこいムダ毛に悩んでいる部位にできた埋没毛について、根本的な解決となってくれるかもしれません。

ただし、レーザーによる脱毛を選択する場合、埋没毛への対処としての即効性は期待できません。

 

なぜなら、肌に過度の負荷をかけないために、複数回に分けて施術を受ける必要性があり、一度の施術ごとに10週から14週の間隔をあける必要があるからです。

そのため、クリニックやサロンでの埋没毛の処理には、長期間を要する場合があります。

 

施術を受けることですぐに解決するとは限らないということを、あらかじめ念頭に置いておきましょう。

また、埋没毛が悪化し毛嚢炎になると皮膚科で治療を行わなければいけません。

毛嚢炎を長期間治療しないと、色素沈着や黒ずみになることも考えられます。

 

そして、埋没毛の皮膚科での診療は、炎症を起こしているかどうかで保険が適用されるかが変わってきます。

炎症を起こしていない場合の埋没毛は自費での診療となるため、その点もしっかりと把握しておきましょう。

埋没毛を作らないためのメンズ脱毛とは

ここまでは埋没毛ができてしまった場合の対処についてご紹介してきましたが、そもそも埋没毛を作らないためにはどうすれば良いのでしょうか。

埋没毛の原因となるのは、自己処理による肌のダメージと乾燥です。

 

丁寧な自己処理と保湿を心がけることで自己処理でも埋没毛の発生を防ぐことができますが、ムダ毛の処理は日常的に繰り返さなければならないため、毎回完璧な処理をするのは困難といえます。

そこでおすすめしたいのが、サロンやクリニックでのメンズ脱毛です。

 

クリニックでの医療レーザーによる脱毛については上でもご紹介した通りですが、サロンでも光による脱毛施術を受けることができます。

医療レーザーよりは出力が劣るため、埋没毛の処理には適しませんが、通常の脱毛処理であれば、サロンでの光脱毛でも十分な効果を得ることができるでしょう。

 

ムダ毛の自己処理が埋没毛の主な原因の1つであるため、サロンなどで脱毛施術を受けてムダ毛が生えてこないようになれば、埋没毛に悩まされることはなくなるといえます。

 

体毛は元々、皮膚を紫外線や衝撃、摩擦などから保護する役割を担っていました。

しかし、現代社会においては衣服や日焼け止めなどで肌を守ることができるため、体毛の役割は少なくなってきています。

 

また、胸毛やワキ毛、脚の毛、鼠径部、お尻の毛などは清潔感を損なってしまうのに加えて、衛生的にも問題があります。

 

清潔に保つためにも、処理にわずらわしさを感じるようであれば、積極的にサロンやクリニックでの脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、代表的な肌トラブルである埋没毛についてご紹介させていただきました。

埋没毛は、少しであれば放置していても改善される場合が多く、気にせずに放置しているという方も多いのではないかと思います。

 

しかし、見栄えを気にして、長年気になっているという方も多いのではないでしょうか。

特にその箇所に痛みがある場合、毛嚢炎などの深刻な症状へと発展している可能性もあるため、放置し続けるのは好ましくありません。

 

皮膚科での適切な処置を受ければしっかりと治すことができる症状ですので、ぜひ自分に合った対処法を見つけてみてください。