メンズ脱毛専門店サロン【メンズ脱毛NAX】

タトゥーが入っていても脱毛できる?タトゥー部分に照射するリスクや施術方法を解説

タトゥー - タトゥーが入っていても脱毛できる?タトゥー部分に照射するリスクや施術方法を解説

ムダ毛や整っていない毛があると、外見の印象を損なってしまいます。

毛の生えるスピードには個人差があるため、人によってはハイペースで処理しなければ清潔感のある状態を保てないということもあるでしょう。

 

また、不要な毛が多く生えていると自分自身が不快感を覚えることも多くなってしまいます。

そんな毛の悩みを解決できる手段が、エステや皮膚科で行う脱毛施術です。

 

しかし、脱毛を検討されている方の中には、体にタトゥーがあるため施術を受けることを躊躇している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、タトゥーが入っていても脱毛は可能なのかをテーマに、さまざまな情報をお届けいたします。

タトゥー2 - タトゥーが入っていても脱毛できる?タトゥー部分に照射するリスクや施術方法を解説

タトゥー部分の脱毛は可能?

タトゥーはファッション性が高いものの、皮膚がデリケートになるというデメリットが存在します。

では、そんなタトゥーを施した肌に、脱毛の施術を行うことは可能なのでしょうか。

 

まず、タトゥーが入っていると脱毛を行えないというエステや皮膚科は、それほど多くありません。

温泉やプール、公共施設などを利用できなくなることも多いタトゥーですが、脱毛に関してタトゥーの有無が問題視されることは、少ないと言えるでしょう。

 

もちろん、タトゥーが入っていない箇所には、問題なく脱毛施術を施すことが可能です。

また、ニードル脱毛やブラジリアンワックスを使った脱毛であれば、タトゥー部分とそれ以外の部分の両方に施術を行うことが可能です。

 

一方で、現在エステや皮膚科で最も主流な脱毛法として行われている光やレーザーを用いた脱毛法は、タトゥーが入っている部分に行えません。

 

光脱毛やレーザー脱毛を希望する場合は、タトゥーが入っている部分を避けて施術を受けることになるため、効率よく全体を脱毛することが難しいでしょう。

 

そのため、全身の体毛に悩んでいてタトゥーを施すか迷っているという方は、タトゥーを入れた部分には上記のような脱毛法が行えないということを、事前にチェックしておきましょう。

タトゥー3 - タトゥーが入っていても脱毛できる?タトゥー部分に照射するリスクや施術方法を解説

タトゥー部分の脱毛に照射ができない理由

それでは、なぜタトゥーが入っている部分の皮膚には、光やレーザーの照射を行うことができないのでしょうか。

この理由として、タトゥーが入っている部分に光やレーザーを照射すると大きなリスクを伴ってしまうという点が挙げられます。

 

まず挙げられるのが、火傷を負うリスクです。

光脱毛・レーザー脱毛では、共に専用の機械を用いて強力な光を照射することで脱毛を行っていきます。

 

これは光が黒い色に反応して熱を集めることを利用した脱毛法であり、毛に含まれるメラニン色素に光を反応させることで、高熱を発生させるという仕組みです。

 

メラニン色素に反応した光は、光脱毛の場合で約70℃、レーザー脱毛で200℃を超える高温を発し、毛にダメージを与えながら脱毛を行っていきます。

脱毛時の痛みと肌への負担が伴いますが、適切な方法で施術を受けることで、リスクを減らした効率の良い脱毛を行える点が特徴です。

 

しかし、タトゥーが入っている方の肌に光やレーザーを照射すると、肌に色を着けるためのタトゥーのインクに光が反応し、皮膚に思わぬ高温を発生させてしまう場合があるのです。

予期せぬ高温は肌に大きなダメージを与えてしまい、そのダメージは火傷の域にまで達してしまうリスクがあるため、タトゥーとこれらの脱毛法は相性が良くないとされています。

 

他にも、タトゥーに光やレーザーを照射してしまうと、色素沈着が起きるというリスクも存在しています。

色素沈着が起きるとタトゥーが肌に染みついてしまい、もし今後タトゥーを除去したいと思っても消えにくくなってしまうため、あまり好ましくありません。

 

さらに、高熱によってタトゥーそのものの変色が起きてしまうリスクもあるため、これまで肌に存在していたタトゥーの色味が変わったり、形が歪んだりするかもしれません。

 

気に入っていたこだわりのデザインが変わってしまうと、タトゥーの価値が下がってしまいます。

これらのリスクを鑑みると、光脱毛・レーザー脱毛をタトゥーが入っている肌に行うことは適切ではないと言えるのです。

ニードル脱毛のメリット・デメリット

ここからは、タトゥー部分に行える光脱毛・レーザー脱毛以外の脱毛法について、見ていきましょう。

ニードル脱毛とは、その名の通り皮膚の毛穴1つ1つに針を刺して行う脱毛方法です。

 

針から電流を流し、毛根の先端部分にある毛乳頭と毛を生成する細胞が存在しているバルジ領域に並行してダメージを与えていくことで、より確実性の高い脱毛を行うことができます。

 

針を刺して電流を流すと聞くと、その行為が恐ろしく聞こえるかもしれませんが、実は光脱毛やレーザー脱毛が登場するまではニードル脱毛が最も主流の脱毛法でした。

 

そのため、これまでに安定した技術が確立されており、過度に恐れる必要はありません。

では、そんなニードル脱毛にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

まず、ニードル脱毛のメリットとして挙げられるのは、一度の施術で確実な脱毛が望めるという点です。

光脱毛やレーザー脱毛では、一度の施術で毛を除去しきれずに毛が再生してしまうことがありますが、ニードル脱毛にはその心配がありません。

 

また、光脱毛とレーザー脱毛はメラニン色素に光を反応させるという仕組み上、白髪になった毛の除去を行うことができませんが、ニードル脱毛であれば可能です。

日焼けによって生じたメラニン色素を気にする必要もないため、肌や毛の状態を選ばず行いやすい脱毛法と言えるでしょう。

 

一方で、デメリットとしては施術時に強い痛みを伴うという点が挙げられます。

また、ニードル脱毛では針を毛穴1つ1つに刺していくため、広い範囲の脱毛を行う際に時間がかかるほか、施術費用が高額になる点もデメリットといえるでしょう。

 

タトゥーがない部分には光・レーザー脱毛、タトゥー部分にはニードル脱毛など、脱毛法を使い分けることができるので、ぜひ検討してみてください。

ブラジリアンワックスのメリット・デメリット

ブラジリアンワックスは自分で行う脱毛法であり、光・レーザー脱毛やニードル脱毛のような永久脱毛ではありません。

脱毛したい毛の上にワックスを塗り、固まったワックスを剥がすことで毛を一気に取り除くという脱毛法です。

 

ブラジリアンワックスのメリットとして、手軽であるという点が挙げられます。

エステや皮膚科に通う必要がないため、脱毛自体にかかる時間も短く、費用も抑えられます。

また、広い範囲の毛を一気に処理することができるため、手軽さを重視する際は活用できるかもしれません。

 

一方で、永久脱毛ではないという点はデメリットです。

ブラジリアンワックスで毛を抜いても、半月ほどのスパンで新たな毛が生えてくるため、繰り返し自分で脱毛を行わなければなりません。

 

剥がすときは強い痛みが伴い、肌へのダメージも発生するため、毛を抜いたあとの入念なケアは怠らないようにしましょう。

 

他にも、埋没毛ができるというリスクもあります。

そのため、肌が弱い方はなるべく避けた方が良い脱毛法であると言えるでしょう。

まとめ

今回は、タトゥーと脱毛の関係やタトゥーが入っていても行える脱毛法について、ご紹介いたしました。

タトゥーを上手に利用すれば高いファッション性を得ることができますが、将来的に脱毛などを検討されている際は、タトゥーと脱毛の関係について事前にチェックしておくことをおすすめします。

 

タトゥーが入っている状態で脱毛を行う際は、肌に負担がかからない方法を選択しましょう。