メンズ脱毛専門店サロン【メンズ脱毛NAX】

脱毛前の自己処理について

iStock 1048021100 - 脱毛前の自己処理について

ムダ毛の処理は女性だけでなく、世の多くの男性にとっても悩ましい問題です。

自分だけで手入れをするのには限界があることに加え、無理にすべてを自分でこなそうとすると半端な処理になって十分な清潔感を得られない場合や、肌を傷めてしまうことがあります。

 

そこで積極的に活用したいのが、プロの手で丁寧に脱毛を行ってくれるメンズ脱毛です。

脱毛を行うサロンは幅広く存在しており、メンズ脱毛を掲げているクリニックやサロンであれば、男性のムダ毛に特化した専門的な処理を行ってくれます。

 

また、メンズ脱毛を利用する際に知っておきたいことは、脱毛の前に一定の自己処理が必要だという点です。

 

今回は、メンズ脱毛を受ける前の自己処理について、さまざまな情報をご紹介させていただきます。

脱毛前の自己処理に疑問をお持ちの方の、参考になれば幸いです。

iStock 811162528 - 脱毛前の自己処理について

メンズ脱毛の前には自己処理が必要?

メンズ脱毛を受ける前に自己処理をする必要があると聞いても、「毛を処理してもらうために行くのにどうして自分で処理するの?」と不思議に思われるのではないでしょうか。

 

自己処理が必要なのは、クリニックやサロンで行われるメンズ脱毛の方法に理由があります。

クリニックでは医療レーザー脱毛、サロンでは光脱毛という手法が主に用いられており、いずれも光で毛に熱を与え、毛根の細胞を弱らせて脱毛を行うというものです。

 

施術時に長い毛が残っていると光による加熱が分散してしまい、脱毛効果が薄れてしまいます。

また、光は太陽光と同様に黒い色に強く反応するため、体表の黒い毛が加熱されることで皮膚に火傷や炎症が起きてしまう可能性があるのです。

 

そのため、これらのトラブルを避けてムラなく脱毛を行うには、脱毛前の自己処理が必要です。

iStock 1286786054 - 脱毛前の自己処理について

自己処理のタイミングはいつ?

メンズ脱毛前の自己処理は、どのタイミングで行えば良いのでしょうか。

施術時は、毛の生えた素肌を人に見せることになりますので、施術の直前に処理を行い、できるだけ完璧に処理した状態で行こうとする方もいるかもしれません。

 

しかし、毛の自己処理はイメージしている以上に肌に負担がかかります。

医療レーザーや光による脱毛でも肌に負担をかけることになりますので、二重に肌を傷めずに済むよう、施術当日の処理は避けた方が無難でしょう。

 

特に肌が荒れていたり乾燥肌の方は、強い痛みを感じてしまうかもしれません。

しかし、施術日よりだいぶ前に自己処理をすると、再び毛が生えてきてしまう可能性があります。

 

毛が生えるスピードは個人差がありますが、3日以上間隔をあけてしまうと、新たに生えてきた毛によって施術に支障が出てしまうかもしれません。

 

あくまで目安ではありますが、毛の自己処理は1日か2日前に行っておくのが適切といえるでしょう。

毛の長さの目安

毛の自己処理を行う際、どれくらいの長さにしておけば良いかという点も、メンズ脱毛前に頭を悩ませてしまいがちなポイントです。

軽く剃っておくだけで良いのか、深剃りした方が良いのかなどは、知識がなければ迷ってしまうことでしょう。

 

また、人に肌を見せるからとついつい過剰に剃ってしまいたくなるところですが、徹底的に毛を除去しようとすると、肌に負担がかかってしまいます。

長さが2ミリ以下になっていれば問題なく施術を行うことができますので、それを意識した処理を行うのがおすすめです。

 

無理な深剃りを行うと、カミソリ負けや毛嚢炎といった肌トラブルを招いてしまうリスクがありますので、注意しましょう。

肌に傷ができていたり炎症が起きていたりする場合は、安全を期して施術を避けるケースがあります。

 

その場合、改めてスケジュールを調整してサロンに訪れる必要があるため、皮膚が薄い部分の脱毛を予定している方は、特に慎重に自己処理を行うようにしましょう。

そして自己処理を終えた後は、肌を保護するためにも、化粧水やボディクリームなどの保湿を忘れずにしましょう。

 

自己処理は、あくまで脱毛を行う下準備としての毛の処理であるため、完全にツルツルになるほど神経質に剃る必要はありません。

また、上述したように、クリニックやサロンでのメンズ脱毛は光によって毛根にダメージを与えることで脱毛を行います。

 

そのため、ダメージを与えるべき毛根がなくなってしまっていると、適切な脱毛効果を得ることができません。

毛根ごと引き抜いてしまうような自己処理は、絶対に避けるようにしましょう。

脱毛前の自己処理に適した道具は?

脱毛前の自己処理に適した道具には、どのようなものがあるのでしょうか。

例えば、自分で脱毛を行うための道具には、ハサミ、カミソリ、電気シェーバー、毛抜き、ブラジリアンワックス、除毛クリームなど、さまざまな種類があります。

 

日常的な脱毛であれば、どの道具にも長所・短所がそれぞれありますが、メンズ脱毛前の自己処理では道具によって適切ではないことがあります。

上で述べたように、毛根がなくなってしまっていると、レーザーや光は適切な効果を発揮しません。

 

そのため、毛抜きやブラジリアンワックス、毛を抜くタイプの電気シェーバーなどの使用は控えるようにしましょう。

また、肌に負担がかかる除毛クリームも、施術前は避けておくべきでしょう。

 

基本的にメンズ脱毛前の自己処理には、肌に負担をかけずに済む電気シェーバーが最も適しています。

仮にカミソリを使う場合は、誤って肌を傷つけないようシェービングフォームやシェービングジェルを利用すると良いでしょう。

 

また、毛が長いままの状態で剃ろうとすると刃に毛が絡む、巻き込むなどの引っ掛かりが起きて、肌に負担がかかってしまう可能性があります。

そのため、毛が長い方は毛を剃る前に、ハサミを使って毛を短くすることをおすすめします。

部位別の処理方法

最後に、体の部位別に正しい処理方法をチェックしておきましょう。

胸から肩にかけての毛を処理する際、皮膚が薄いため傷付けないよう注意が必要です。

ワキは毛の量が多いため、剃り残さないように気を配りましょう。

 

また、自分の手が届かない背中の毛は、クリニックやサロンによって対応が異なります。

施術前にスタッフが処理してくれる場合も多いため、予約時にどうすれば良いか尋ねておくのが良いでしょう。

 

腹部も皮膚が薄い箇所があるため、毛の流れに沿って慎重に処理します。

特に、へその周辺を剃る際は流れを見誤って肌を傷つけてしまいやすいため、一息に剃り終えようとせず、少しずつ処理を進めていく意識を持つことが大切です。

 

さて、これらの部位よりもさらに慎重な剃毛が求められるのが、腰から鼠径部、股間、お尻周りに存在する、VIOラインと呼ばれる部位です。

 

これらの部位は皮膚が薄く毛量が多いため、毛が柔らかくなっている入浴後などのタイミングを選び、適宜シェービング剤などを使用しながら毛の流れに沿った処理を心がけましょう。

焦らず少しずつ処理することで、肌を傷つけない処理を行えるでしょう。

まとめ

今回は、メンズ脱毛前の自己処理について、さまざまな情報をお届けさせていただきました。

日常的に行っているムダ毛処理と同様に雑な自己処理をしてしまうと、いざクリニックやサロンを訪れた後に、施術できないという可能性も考えられます。

 

脱毛をスムーズに進めるためにも、皮膚を傷めないような丁寧な自己処理を心がけましょう。

メンズ脱毛を上手に利用して、清潔感あるボディを手に入れましょう!